夫婦2人の世帯年金が19万円、この設定正確か??

zakzaku夕刊フジ公式サイト(2019/11/13の記事)
ごく平均的なサラリーマン夫婦」とのことで記事を書いている。

腑に落ちないのは(矛盾点)

1、夫の年金の欠陥期間はなかった。(基礎年金は満額ある)
2、60歳の定年後も5年間の雇用延長とある。(経過的加算の年金の可能性大)
3、妻は基礎年金(月6万5千円)あり。
4、妻の基礎年金分を差し引くと、夫の年金は12万5千円(基礎年金含む)
5、夫の基礎年金を差し引くと、厚生年金は6万円(低すぎ
6、30代で購入した一戸建てのローンは完済。(年収はそれなりにあった割には厚生年金6万円は低すぎ

ということで、これで世帯年金収入が19万円となっている。「ごく平均的な…」であれば、他の年金記事で頻繁に使われている、22万から23万程度はあるはず。60歳以降年収200万円で厚生年金をかけていれば、経過的加算は12万円程度はある。となると、上記金額に1万円の増額となる。

この記事何をもって、世帯年金を19万にしたのか、不明。従って、「標準シニアのプラスα就業この記事そのものも当てにならない

✳年金は基本的に月額に換算。

カテゴリー: 月30万円のやりくり術 | 夫婦2人の世帯年金が19万円、この設定正確か?? はコメントを受け付けていません。

ショコラさん(60代一人暮らし)に刺激されて…

ショコラさん、NHKでも放映していた、ブロガー。
当方も「心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば
の気分で60歳代を書いてみようか。

これは、ボケ防止に一効果があるかもしれない。

で、カテゴリーは、「60代夫婦二人の暮らし」でも良いかな。
12万円のやりくり術」をもじって「30万円のやりくり術」としよう。

ショコラさんとの違い
1、夫婦二人生活
2、妻:専業主婦、夫:60歳で公務員を定年退職
3、夫:在職老齢年金カットが嫌で、再任用に応じず。ビル管理会社に再就職、正社員で厚生年金をかけている。
4、収入、合計30万円(会社の手取り14万円、特別年金が12.5万円、各種税金 約4万円)思惑通りに行かず、月額28万円を越えるため在職年金、カット。
5、日々の支払いは、基本的にカード払い、楽天ペイ等も活用。持ち合わせの現金は5千円程度。イオンが近くにあり株主優待の3%を積極的に活用。
6、家計簿はカード払いをエクセルに転記する程度で、かなりの大雑把。シートは串刺して年間収支を自動計算。
7、勤務の時の昼食は弁当持参、外食はほとんどなく、月2回あれば多い部類となる。
8、自家用所有。車は維持費がそれなりにかかる。田舎は車が無ければ大変。
9、田舎暮らしのため、天皇陛下の祝賀パレードにも行かずもっぱら実家の畑の草刈りに精を出す。

取りあえず、今回はこの程度にしよう。

カテゴリー: 月30万円のやりくり術 | ショコラさん(60代一人暮らし)に刺激されて… はコメントを受け付けていません。

スズメバチのリベンジ その1

本日は祝賀御の儀・祝賀パレード、是非見たかったので、本日も「草刈り」を早々に終える。無事、見えたが、実は、パレード視聴よりもっと重要なことがあった。

先週の草刈りは大変だった。刈っていると、急に右腕に激痛が走った。見ると、でっかい、スズメバチが2匹、左手で急いで払ったが、後の祭り。飛ぶようにその場を離れたが、(草刈り機は放った)みるみるうちに、右腕が腫れだした。

スズメバチの被害は、初めて。

実家に近い畑だったので、急いで帰り、日曜日だったが病院へ連絡し受診することができた。医者の問診では、過去の蜂にさされた経験を聞かれた。ミツバチでもアレルギー反応が出る、とのこと。今回は特にアレルギーは出ていないとのことで、無事おさまりそう。

しかし、1週間経過しても刺された場所が「痒い」これは、アレルギーの一種では??

さて、今日は、スズメバチが襲ってきた場所を丹念に調べた。

発見、巣を発見した。出入口も確認した。先週は巣の直ぐ横を刈っていたことになる。これでは蜂も怒るはず。今日は試しに、2mほど離れた場所まで丁寧に刈ったが、蜂がでてくると即逃げた。この繰り返しで巣の周囲を丁寧に刈る。火あぶりの刑にしようか。

リベンジを虎視眈々と狙っているが、蜂の活動が低下する、真冬の対決か??
リベンジ その2が書けるか、アナフィラキシーで倒れるか、どうなる??

スズメバチの知識は皆無、対策・駆除方法をしばらく調べることにする。

カテゴリー: 年金生活 | スズメバチのリベンジ その1 はコメントを受け付けていません。

サンデー毎日の年金が一番近い数字

サンデー毎日「老後破綻を防ぐマネーの鉄則」(2019.11.19号p.36~)のp.37に久松家のキャッシュフロー表がある。いくつか見てきた資料のなかで、この年金額が当方に一番近い。

夫:1954年11月生まれ、元会社員で38年勤務(大卒の22歳から?)、平均年収500万円
妻:1957年11月生まれ、専業主婦
夫の年金には加給年金、妻には振替加算が含まれる。持ち家。61歳から週3回のアルバイト。

1、A夫:65歳の年金額 234万円(月額19万5千円
2、A夫:68歳の年金 195万円(月額16万2500円)←加給年金終了、
A妻65歳の年金82万円(月額6万8400円)←妻の年金始まり
3、Aの世帯の年金 277万円(月額23万800円)

4、B夫:65歳の年金、291万円(月24万2500円)
5、B夫:67歳の年金 252万円(月21万円)←加給年金終了
B妻:65歳の年金 90万円(月7万5000円)←妻の年金始まり
6、世帯の年金 342万円(月28万5000円)

年金の繰り下げについては、
加給年金がある場合は『夫の老齢厚生年金は繰り下げせずに、老齢基礎年金だけを繰り下げる。または、妻の老齢基礎年金のみ繰り下げる』のが井戸さんのお勧めだp.39

当方も現在の仕事が続けば上記を検討している。だだ、年金控除を考えると、妻は68歳迄か? 年金控除は120万円(65歳以上)、70万円は65歳未満。

カテゴリー: 年金生活 | サンデー毎日の年金が一番近い数字 はコメントを受け付けていません。

年金生活、27万円を目指しているが…

日経新聞を参考に月額27万円の生活を目標に設定しているが、優に3万円超えている。改善策を検討しているなかで、下記のWeb情報が目に付いた。

以前、紹介したマネーポストWebでは、シニア世代の「並みの中の並み」というデータがある。条件は、都内在住の65歳の夫(高卒で民間企業に就職)と専業主婦
家のローンは完済、子供二人はそれぞれ独立して家庭持ち、孫への出費有り。

すべてにおいて日本のシニアの平均値の65歳男性 そのお金事情は
2019年8月12日の記事

各種の調査・白書を参考に(同い年のため加給年金は無し)

1、夫の厚生年金は 14万5508円   週刊ダイヤモンド40万円
2、妻の国民年金は  5万6731円
3、毎月の総支出は 25万555円、不足額の約5万円は貯蓄から引き出し。

【支出の内容】
4、食費は7万922円、光熱費 2万2063円、通信費 8968円、
新聞・本 3853円、衣服・履物代 7374円、理美容 2943円
保険医療費 1万5099円、
5、年間
入院費 16万4945円、通院費 16万8832円 薬代 8万3863円

この設定、イロイロなデータをくっつけた様で、細かく見ると矛盾があちこちにある。
まず、都内の自宅持ちと夫の年金額(厚生+基礎年金)のアンバランスがおかしい。子育て時代の家族構成は4人だから、ワンルームではないだろう。となると、家もそれなりの広さがあるはず。自分の稼いだお金で購入したとなると、当時の収入はそれ相当だったと推測するが、その割には年金額が低く、当方の予想年金額よりはるかに少ない。

親の遺産が〇千万円入り、頭金にしたかな?? でもこの仮定は遺産額が「並みの中の並み」から外れる。高齢者の94.2%が持ち家のデータを採用したのだろう。(総務省統計局家計調査年報 Ⅰ家計収支編 平成29年p.30の表Ⅱ-1-1世帯主の年齢階級別家計支出-2017-より)

妻と2人暮らしの山田氏の貯蓄額2248万円があれば、年金収入と貯蓄でどうにか暮らしていけそうだ。

これも、現実離れの設定。高卒で一馬力で東京都内の家のローンを返済して尚且つ、2000万円以上の貯蓄があるとは、あり得ない!! 更に二人の子供の教育費を払えばそのような余裕資金は無いはず。義務教育止まりは不自然。当家は、筒いっぱい奨学金を利用し、今も返済している。なぜ、このような設定になるのだろう。不思議だ!!

都内で25万円で生活できるとのこと、これもまた不思議だ、あり得ない。物価の安い地方に住んでいる当方の毎月の総支出は約30万円となっている。違いは、マイカーを持っているか否か。

田舎は車が必需品、この維持費がそれなりにかかる。手放せば、月3~5万円削減できそうだが、行動範囲はぐっと狭くなる。

また、リタイア者に多いと推測する「旅・観光」が計上されていない。旅行は時間にゆとりのあるリタイヤ者の特権でもあるが、都内暮らしのため、近場で過ごしているのだろうか?

しかし、繰り返しになるが、都内で25万円で生活できるとなると、物価の安い当地では、もっと少なくて済むはずだが…、そうなっていない。贅沢をしている訳ではないが、何が原因だろう??

よし、明日からビールを発泡酒にウィスキーを焼酎にワインをどぶろくにしよう!!

カテゴリー: 年金生活 | 年金生活、27万円を目指しているが… はコメントを受け付けていません。

地方在住、年収280万円の正社員(山形県)

月割りにすると、約23万3千円となる。年齢・家族構成・仕事内容が分からないが、この金額で生活できるの??真実だろうか?(投稿者は山形県とのこと)

当方、退職してから暇になったので簡単な家計簿をつけている。11月になったので今年の10ヶ月分の収支概略を見てみた。毎月の生活費や固定資産税(固定費以外に、車検・タイヤ購入・IHIクッキングヒーター購入・2回の京阪神の旅・夫婦合わせて4足の靴購入など特別出費があったためか 月平均30万円はかかっている。

山形と同じ地方都市だが、23万円台では絶対生活できない。この方の家計簿とそのコツを知りたいものだ。

カテゴリー: 年金生活 | 地方在住、年収280万円の正社員(山形県) はコメントを受け付けていません。

1週間で2人の大臣辞任劇、次は誰??

辞任ドミノ」と言う人もあらわれた。

しかし、法務大臣が「法を守らない」、国会議員、叩けばボロボロ何か出てきそう

でも、なんでこんな人が国会議員だろう。どうして、大臣になれたのだろう??、不思議ですねエ??

良いですね、「支持者がいる」、議員さんは、如何様にも説明ができる。

河井克行 法務大臣(辞任10/31)、夫婦で慶応出身の国会議員、
菅原一秀 経通大臣(辞任10/25

公務員は法を犯せば、「懲戒免職」が待っている。でも、退職者、飲酒運転しても免職にはならない!!さかのぼって退職金の返済なし。交通事故で人を殺しても逮捕されない。(元高級官僚)

カテゴリー: 不祥事 | 1週間で2人の大臣辞任劇、次は誰?? はコメントを受け付けていません。

在職老齢年金のカットは、124万人(マネーポストWEB)

Webによれば、「60代前半(64歳まで)で働きながら特別支給の年金(在職老齢年金)受給者で年金カットは55%で45%はカットされていない。

在職老齢年金改正へ 60代前半の収入増で65歳完全リタイアも可能に
在職老齢年金の特別支給はあと数年で終わり、65歳前での給付はなくなる。何故、こんな記事が出るのだろう?恩恵を受ける該当者の人数は??

年金+給料」の合計が28万円に達していない方が45%もいることに驚いた。年金が少ないか、給料が少ないか、どうなんだろう。当方は55%の範疇に入っているが、一円単位で減額されるのは、ウンザリする。

会社勤務では、75歳まで健康保険(協会けんぽ)に加入が可能で、健康保険料は会社と折半(給料からの天引き)である。専業主婦は保険料を納めなくても夫の健康保険を利用できる。
これって、おいしい、と思ったが、次のようなコメントもある。

現在は65歳を過ぎても年金を受給しながら会社員として働けば、70歳になった段階で、その間に支払った保険料に応じて年金が増額される。ただし、増加分で払い込んだ保険料の総額を取り戻すには85歳くらいまでかかります。(損益分岐点が85歳)長く厚生年金に加入すれば年金は増えますが、保険料支出を勘案するとトータルで得くとは言えません

しかし、年金は「保険」である、この基本に戻れば支払った保険料は誰彼の助けになっている訳で、損益分岐点を意識過ぎると、何かおかしなことになりそう。また、上記の健康保険料を加味すると、細く長く働くメリットはあるが、この点の記載なし。

65歳で退職し、65歳~67歳まで会社の健康保険に継続加入、その時の保険料は月額約18,000円。その後、67歳から75歳まで国保に加入すると、

国保料を市役所で試算してもらった、国保料は夫婦二人の合算で月額 21,012円。その差額は3,000円。年間では36,000円の差額か。思ったより少ない。イオンの株主優待の3%還元(年間Max 30,000円 100株所有)に少し毛の生えた金額となった。

ところが、会社勤務を続けると保険料は、月額9,000円で、国保との月差額は12,012、年間144,144円となる。5年間務めると約72万円となる。社会保険料も加味すると損益分岐点は、一体何歳になるだろう、少なくとも85歳までいかないはず。この14万円の価値、銀行の利息と比較すると、とんでもなく高額となる。知ってる中で利息が0.7%の定期は高金利だが入金が100万円までの制約があり、1年間預け入れして5600円の手取となる。

多角的に判断しないと、Webのような主張となり、誤解を生じる。

2000万円あればこんな計算、無用だが、冒頭の45%から推測すると余裕の有る方は、半分か!

当方の「生命保険」は掛け捨てである。『1年間無事に暮らすことができました。有難うございました。納めた保険料は有効にお使いください』、こんな感じ。車の自賠責/任意保険・地震保険と同様と思っている。子供が独立したので疾病保険は解約、癌になった時の高度医療保障にも未加入。

65歳以降の勤務は、「年金にチョッピリの小遣い稼ぎ」のつもり。年金額が低いので否応なしに働かざるを得ないのが実情だ!。

会社の規模にもよるが、会社の雇用規定で「65歳で定年、再雇用なし」の条件がなければ、法律的にはMax下記の年齢まで可能となる。

※ 厚生年金は70歳まで納め、健康保険は75歳まで入れる。
ちなみに、会社の今年の健康診断の案内に対象年齢が「~74歳」となっていた。確認はしていないが、健康保険に加入し74歳まで働いている方がいるわけだ。

なお、65歳以降納めた厚生年金の保険料は、退職したとき再計算、または満期となる70歳の時再計算となり、勤務継続しながら年金支給額が上がるわけではない。

カテゴリー: 年金生活 | 在職老齢年金のカットは、124万人(マネーポストWEB) はコメントを受け付けていません。

期限内に納付一度もせず、徳井義実さん、ダメだろう!!

会社を作った理由は、素人が頭に浮かぶのは「税金対策」である。
先日の会見では、自嘲気味に「馬鹿な中年」的発言だったが、何のことはない、期限内に納めず、税務署からの指摘で納税をしていたらしい。

何方かの入れ知恵があったのだろうか初から納付期限内には税を納めてなかった事実。(2009年の会社設立以来1度も期限内納入は無し)一度指摘されれば、次年度は期限内に納付するのが一般人。挙句の果てに、この3年間は納税なし。これって、脱税だろう。犯罪だ、逮捕しろよ!!サラリーマンは、給料から所得税・住民税が天引だ。申告したくなくても強制的に納税している。

徳井義実氏、納税をする気は、元々なかったのだろう。こんな方が公共の電波を使うのは問題あり。それを放映するTV局の姿勢にも課題がある。

放置すると、これだけの違反行為をしても堂々と立派に仕事ができることになる。社会的制裁をすべし!

カテゴリー: 不祥事, 税金-確定申告 | 期限内に納付一度もせず、徳井義実さん、ダメだろう!! はコメントを受け付けていません。

Lccを利用すると、1時間で「差」を体感する。

当地でもLccが就航している。低価格で新宿や梅田から当地のローカルに着陸できる。過日、梅田・阪急界隈からいきなり、ローカルの当地へ。

で、その感想は、「人がいない」・「車が無い」が第一印象。

人がいなければ、個人消費などどうしようもない。田舎生活に憧れると言っても、やっぱりそれは、幻想か??

でも、国内外の高級車で送迎する保護者を多々見受けると、資産家はローカルに居るのも事実どのようにして稼いでいるか、機会があれば、尋ねてみたい。
(某地方都市の県庁所在地の、そのまた中心地で勤務)

カテゴリー: 経済 | Lccを利用すると、1時間で「差」を体感する。 はコメントを受け付けていません。