夫が70歳まで保険料を納めた場合の遺族年金額など

【備忘録】【改訂 令和3年9月24日】

女性が長生きする現状を踏まえ、妻の遺族年金が気になりだした。夫が再就職で70歳まで厚生年金の保険料を納めた場合の遺族年金は下記のとおり。(共済と年金事務所の試算による)

夫が70歳まで厚生年金の保険料を納めた分の「報酬比例」の75%が加味される。
(60歳~70歳迄納めた増額の全額ではなく、その一部となる、10年働いても10万円以下
増額分の基本年金額から「差額加算」が差し引かれた金額となる。
この名称と金額は年金事務所でもらった試算用紙に記入されている。素人には全く分からない年金細目である。

① 共済の厚生年金×3/4=124万円 ← 共済で確認
② 比例報酬額×3/4=9万4171円再就職で70歳まで納めた厚生年金保険料
③ ①+②=133万円
④ 133万-妻の厚生年金額 ← 妻が厚生年金を受給している場合差額となる。

結果、遺族年金=120万円となり、これに妻の114万円厚生年金+基礎年金+振替加算)が加わる。合計234万円(月額 約19万5000円)下の画像の状態となる。(マネーポスト 2021年9月19日
「 老後家計の基礎となる「年金」 夫婦の受給額は年齢によってこんなに変わる」)

※図からも分かることだが、夫婦の厚生年金の繰り下げは「遺族年金」へのメリットは無い。39万円の加給年金もなし。繰り下げた増額ではなく、夫の65歳時の厚生年金の3/4である。また、妻の厚生年金を繰り下げると、その分差額が少なくなる。遺族年金は無税だが、下手に妻が厚生年金を繰り下げ年金が増えると、課税の恐れあり。繰り下げは「基礎年金」がベターとなる。


年金の内容・語句は、全くもってよく分からない。
下記に参考サイトがあるが、読んでも理解できない。
https://www.chikyosai.or.jp/division/long/occupational.html

更に、現在会社員で厚生年金の保険料を納めているが、65歳以上の増額された厚生年金
はどうなる。65歳以降の厚生年金は含まないのだろうか??←含まれるが全額ではない。

遺族年金関連の名称は、超難しくて分からない。

下記の図が単純でわかり易い。

資料V-6-4 高齢の遺族配偶者(妻)の遺族年金https://www.mhlw.go.jp/shingi/0112/s1214-4e6.html

当方が70歳以降死亡した場合、上の図に当てはめると(3パターンの一番上

1、B×3/4= 133万円(共済の厚生年金部分と民間企業の厚生年金の比例報酬部分
2、妻の基礎年金が 97万円(68歳まで繰り下げ結果
3、資料V-6-4どおりだと、合計230万円(遺族+基礎年金)※厚生年金は未受給。
4、月額 約19万円

え!!予想より高いな。これって間違っていないかな??しかし、再就職分の遺族年金は1年間働いて1万円未満とは、この少額にも驚く!!

管理者 について

年金受給者で公開を前提にしていない個人の備忘録。 返信は拒否。ランク付けなど無用。 【設備関連で持っている資格】  ・電気工事士 2種  ・電気工事士 1種(合格証書)  ・危険物取扱者(乙4)  ・消防設備士(甲4、乙6、乙7)  ・第1種消防設備点検資格者  ・ボイラー技士(2級) 【その他】   ・自動車運転免許証1種  ・アマチュア無線技士(1アマ)
カテゴリー: 年金生活, 月30万円のやりくり術 パーマリンク