0.3%の大企業が雇用者の30%を占める。

日本の企業数と雇用者数の関係である。(日本経済新聞 R3/09/07)
日本の企業数のO.3%が大企業で残りの99.7%の358万社が中小企業とある。

大企業と中小企業の所得や厚生施設が話題になることがある。雇用者数は記載されていないが10人に3人は色々な面で恵まれた大企業の恩恵を受けていることになる。

より具体的な数字は下記にある。
中小企業庁<1.日本の中小企業
https://www.chusho.meti.go.jp/koukai/chousa/chushoKigyouZentai9wari.pdf

これによれば、大企業の従業員数は1229万人(31%)、中小企業は2784万人(69%)である。今後、このような数字を頭に入れて給料や年金を見ることにしよう。

管理者 について

年金受給者で公開を前提にしていない個人の備忘録。 返信は拒否。ランク付けなど無用。 【設備関連で持っている資格】  ・電気工事士 2種  ・電気工事士 1種(合格証書)  ・危険物取扱者(乙4)  ・消防設備士(甲4、乙6、乙7)  ・第1種消防設備点検資格者  ・ボイラー技士(2級) 【その他】   ・自動車運転免許証1種  ・アマチュア無線技士(1アマ)
カテゴリー: 年金生活 パーマリンク