菅官房長官のボケた発言「PCR検査を積極的にした結果が東京都の感染者増加」

菅官房長官のボケた発言「PCR検査を積極的にした結果が東京都の感染者増加」

NHK News
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200711/k10012510361000.html?utm_int=all_side_ranking-social_005

政府としては、徹底してPCR検査をして陽性の人を探すという攻めの姿勢で今は対応している」と指摘しました。

オイオイ、どこが積極的なPCR検査だ!! 信じられない発言。諸外国の検査数は官房長官の頭に入っていないようだ。韓国・台湾・フィリピンの東南アジア諸国、更にはヨーロッパや南米の諸国と比較すると検査数は桁が違う

PCR検査数について先進国では、(サンディーモーニング 2020/07/12放送)

1、BMWとアウディの本社のあるドイツ・バイエルン州(人口は東京都ほぼ同じ人数)はどこでも・だれでも・なんどでも検査できる。(松原耕二氏)

2、ニューヨークは、グーグルマップで検査場所がわかり予約無し・無料でPCR・抗体検査ができる検査体制がある。(浜田敬子氏)

グローバルにみると、日本は周回遅れのレベルではない。何をもって「積極的な検査数」か??政府のトップがこの感覚とは、改めて驚く。

専門家がいくら「検査数の増加を」を声をからして言っても一向に増えないのは、このようなガチガチの政治家がいるからだろう。井の中の蛙大海を知らず、ガラケーの発想から抜け出れない。

日本国、世も末だ!!

管理者 について

定年退職した暇人。
カテゴリー: 新型肺炎 パーマリンク