夫婦2人の世帯年金が19万円、この設定正確か??

zakzaku夕刊フジ公式サイト(2019/11/13の記事)
ごく平均的なサラリーマン夫婦」とのことで記事を書いている。

腑に落ちないのは(矛盾点)

1、夫の年金の欠陥期間はなかった。(基礎年金は満額ある)
2、60歳の定年後も5年間の雇用延長とある。(経過的加算の年金の可能性大)
3、妻は基礎年金(月6万5千円)あり。
4、妻の基礎年金分を差し引くと、夫の年金は12万5千円(基礎年金含む)
5、夫の基礎年金を差し引くと、厚生年金は6万円(低すぎ
6、30代で購入した一戸建てのローンは完済。(年収はそれなりにあった割には厚生年金6万円は低すぎ

ということで、これで世帯年金収入が19万円となっている。「ごく平均的な…」であれば、他の年金記事で頻繁に使われている、22万から23万程度はあるはず。60歳以降年収200万円で厚生年金をかけていれば、経過的加算は12万円程度はある。となると、上記金額に1万円の増額となる。

この記事何をもって、世帯年金を19万にしたのか、不明。従って、「標準シニアのプラスα就業この記事そのものも当てにならない

✳年金は基本的に月額に換算。

管理者 について

定年退職した暇人。
カテゴリー: 月30万円のやりくり術 パーマリンク